窓ガラスと熱

きれいな洗面台

冬は寒く、夏は暑いといえば当たり前に聞こえますが、家の中に限っていえば窓ガラスが原因かもしれせん。住宅の壁などに断熱材を使用しているご家庭も増えていますが、実は窓ガラスは無防備な状態となっています。夏の場合は、外から入っていく熱の割合をみてみると、全体の7割が窓から伝達されています。また冬の外へ逃げる熱の割合も約5割と大きな物になっています。 窓の場合、断熱フィルムなどの修理できる断熱対策グッズも多数あります。個人でもはれるタイプや、専門業者へ修理などをお願いして完璧に仕上げるタイプとありますので、一度相談してみるのも良いでしょう。また、遮光カーテンなどの特殊カーテンを季節毎にうまく使い分けることで光熱費の大幅な節約ができますので、試してみてください。

窓ガラスの熱透過性が高いと、健康面でのいろいろな弊害が出てきます。たとえば、冬場に良くみられる窓ガラスの結露ですが、これは室内と外気温の差によってできた窓ガラス面に室内の水蒸気が冷やされ水滴となって窓に付着することで発生します。温度差が大きいほど、または室内の加湿が大きいほどひどくなる結露ですが、これはカビやダニの原因ともいわれていてアレルギー症状のある方は気をつけなければなりません。窓表面の温度差をなくすためには実は断熱・修理はとても有効といわれています。 また窓ガラスの熱透過性が高いと、部屋毎の温度差が大きくなりヒートショックになる可能性も大きくなります。特に気温が下がりやすい浴室などでは窓の断熱・修理も気を配りたいものです。